どのくらいの走行距離で買い替えるのが得?

421027

走行距離が、3万キロ、5万キロと増えていくにしたがって、どのタイミングで買い替えればいいのか気になってきますよね。基本的には買い替える必要がなければ乗り潰すのが一番経済的です。

ただし、結婚したり子供が生まれたなどで生活環境が変わり、維持費を安くしたい、車内が広い車が欲しいなど、車を買い替える必要がある方にとって乗り潰すという選択肢は現実的ではありませんよね。

もしも自分がこうした状況であれば、どのタイミングなら車が高く売れるのかを知りたいと思いませんか?ここでは走行距離を基準にした買い替えタイミングについて見ていきましょう。

 

走行距離で考える買い替えタイミング

個人差はありますが、走行距離は年間平均1万キロと言われています。走行距離3万キロであれば3年利用している計算です。

3年というと新車で購入していれば初回の車検時期ですよね。もし、このタイミングで車の買い替えを検討しているのであれば、比較的有利に買い替えできます。理由は2つあります。

  • 車検の費用を節約できる
  • 3年未満の車は高く売れやすい

車検に通す前に車を売ることで、費用を節約できます。車検の残りが少なくても買取価格が安くなることはありません。車検切れであっても買取価格に大きく影響するということはありませんので安心してください。ディーラーや買取店は自社で車検に通すことができるので、車検の状態は価格に影響しないのです。

中古車の買取基準として3年未満、走行距離3万キロ前後という基準があり、こうした車は比較的高額で買取ってもらうことができます。低年数、低走行距離ブランドとも言えます。新しいほど高く売れるのは間違いありませんが、こうした基準もあるということを覚えておいてくださいね。

車を乗りつぶすってどれくらい?本当に経済的?

2016/08/05