走行距離

走行距離が10万キロを超えるとタイミングベルトの交換が必要?

2016/07/08

228824

走行距離が10万キロを超えるとタイミングベルトの交換が必要になります。タイミングベルトはエンジンやブレーキに関わる重要な部品ですので必ず交換が必要です。多くの場合、車検の際に交換することになり、費用は3万円前後です。

ディーラーの定期点検の際に、「そろそろベルトの交換が必要ですね」と言われ、本当に必要なのか疑問に思う方もいらっしゃいますよね。

走行中にベルトが切れると、エンジンが停まってしまいます。急にエンジンが停まってしまうと車に与えるダメージも大きくなります。交換が必要と言われたら迷わず交換しておくのがよいでしょう。

 

パワーステアリングベルト

ベルトには、タイミングベルト以外に、パワーステアリングベルトなどもあります。これはハンドル操作を軽くしてくれる「パワーステアリング」のためのベルトですが、こちらは特に交換目安はありません。

劣化し交換が必要であれば車検の際に教えてもらえますので、そこまで気にする必要はないでしょう。昔と比べ車の性能が上がったため、パワーステアリングオイルの交換は不要になっています。

ただし、「何だか最近ハンドルが重くなった」と感じるようであれば、早めにディーラーなどで点検してもらいましょう。異変に気づいたときに対処しておくのが、快適な車生活を送るための必要なポイントです。

-走行距離